« ナンじゃこりゃぁ?! | トップページ | 同窓会ライブ »

2012.09.15

領土問題

 戦争が残したもののひとつ、領土問題。今、日本中の領土問題に火がつきそうになっている。特に尖閣諸島、竹島。

 日本はなめられているのだ。外交は腰ぬけだと、政治家は馬鹿だと思われている。それはそれで、こっちとしても歯がゆいばかりだ。

 中国は反日教育で、もともと血の気の多い民族が暴走している。韓国も同じだ。ロシアも相変わらず強引でずるいし。

 感情的になるなとメディアは言うが、邦人に危害が及んだのだから、それ相応の対応をすれば良いと思う。中国から日本人は引き上げ、日本から中国人は出て行ってもらいたい。それが、個人レベルでの気持ちだ。

« ナンじゃこりゃぁ?! | トップページ | 同窓会ライブ »

コメント

日本のマスコミは反日勢力だ。

“反日マスコミの正体”で検索してみよう。

実効支配とは、
ロシアの国家元首・メドベージェフ大統領が北方領土を訪問。
韓国の李明博大統領が竹島を訪問。
日本の野田首相が尖閣列島を訪問。
ということになるのかな。

北方領土をロシア軍が守る。竹島を韓国軍が守る。尖閣列島を日本軍が守るということでしょう。

日本の国は、米軍に頼ることなく、日本軍で守れ。
そのうえで、相互に安全を保障すれば、日米は対等になる。
我が国は、虎の威を借る狐であってはならない。
自分の力を示せ。力は正義である。(Might is right).

力がなければ、正義もない。単なる歌詠みである。ひ弱な花である。
他人に仕事を任せておいて、いちいちあれこれ言うのは不謹慎である。いつまでも、未成年の姿勢をとるな。
消去法を得意とする論客ばかりでは、総理の寿命も短くなる。筋の通った政治もできない。

未来社会の建設には、建設的な意見が必要である。
未来構文がなくては、未来の内容は過不足なく構築できない。
未来構文があれば、理想が語れる。無ければ、筋の通らない空想・空論になる。

日本語の文章には、未来・現在・過去の区別がない。
現在のことは過不足なく考えられても、過去と未来に関してはそれができない。
日本人は、未来のことに辻褄を合わせて語ることは得意でない。
最悪のシナリオなど考えられない。悪夢は常に想定外になる。
だから、有事の際の危機管理も破たんする。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナンじゃこりゃぁ?! | トップページ | 同窓会ライブ »