« 2015年4月 | トップページ

2015年10月

2015.10.25

観劇二本立て(大阪)その2

Neko

Takase


 随分と久しぶりに舞台を観に行った。ブログの更新も久しぶり。ネタがないので観劇した時だけになっている。前回は4月だった。しかも同じ大阪で2作品。

 「十一ぴきのネコ」、実は間違って購入してしまったもの。子ども向けだしミュージカルだし。よく調べずに買っちゃった。でも返品できないのでしゃーなく観に行ったので、期待は全然していなかった。

 案の定、近くの子どもはぐずるし(客席が暗いのが怖いらしい)。『ったく、早く連れ出してやんなさいよ。無理やり観さすんじゃないよ』と心で悪態をつく。あくまで心で・・・よ。

 大好きな井上ひさし作品だが、この作品は好きではない。子どもとその付き添いのための・・ということだったが、中途半端感が否めない。歌もそれほど良かったとは言えないし、戦争批判、国つくり、人間の裏表をあつかうストーリーが子供には暗すぎで、特にラストは救いがないって感じた。

 極上文学シリーズ『高瀬船・森鴎外』は、星椋鳥のど真ん中に命中。マルチキャストで役者の集中力が維持されているのがこのシリーズの特徴らしい。シリーズ2作品目の観劇で納得した。前作「草迷宮」は演出が美しかったが、一人の役者の滑舌の不味さに不満が残った。

 今作は演出も美しく、役者の朗読・演技もよかった。雨宮良さんの舞台は初めて観たが、あれほどお上手とは思っていなかった。ごめんなさい。

 ビジュアル系の男子ばかりのキャストなので、観客は若い女子が圧倒的に多かった。確かにビジュアル系だけどしっかりと稽古を積んで、実力も備わっている。若い才能が切磋琢磨する舞台はとてもパワーに溢れている。このシリーズはずっと見続けていきたい。

« 2015年4月 | トップページ