日記・コラム・つぶやき

2014.11.02

ぐるぐるまいまい

 入院した。

 ことの起こりは今年の5月末・・・
 ある金曜日の夜のこと・・・

 急に胸が悪くなり、天井が回転し始めた。
 目を開いていると、ぐるんぐるん回りとても開けていられない。
 激しい吐き気でやっとのことトイレに駆け込み、そのまま便座に突っ伏し吐き続けるありさま。
 
 少しでも頭を動かすと、激しいおう吐で立ち上がることもできず、そのうち下痢もはじまった。
 どうしようもない状態で何時間も突っ伏したまま。

 何時間かたって、父がトイレに起きて発見してくれた。
 なんとか洗面所まで這いつくばって移動したが、そのまま床に突っ伏し明け方まで・・・

 救急車を頼もうかと思ったが、母がまったく同じ症状で一昨年救急車のお世話になった際、暫く入院したので月曜日の仕事に差し支えるのを懸念しがまんした。

 翌朝6時ごろに這いながら1階の母の布団に倒れ込んだ。
 そのまま土曜日は寝続け、日曜日にやっと歩けるようになった。
 月曜日は普通に仕事できたので、そのままにしておいたのだ。

 すっかり忘れていたころ、10月8日の夕方に鯖江の会社で『ぐるぐるまいまい』になってしまった。
 諸先輩方が素早く手配してくれたおかげで、夜間診療で点滴を打ってもらい翌木曜日は一日ホテルで寝ていたが、今回は全然治らない・・・

 業を煮やした先輩が総合病院に連絡をしてくれ、耳鼻咽喉科を受診できた。
 診断は『良性発作性頭位めまい症』。
 めまいを訴える人の半分以上がこの病気だそうだ。
 原因は内耳の中にある石『耳石』のかけらが動くから、ということだ。

 入院して治療することにした。
 点滴を打ってもらったら今度は劇的に効いた。
 「早く行けばよかったのに(-"-)」って先輩はおっしゃるのだが、実のところえらくてえらくて動きたくなかったのだ。
 寝たまま運んでくれるのなら、喜んですぐに病院に行っただろう。
 こういうのって、なった者にしかわからない苦しみだ。

 2泊3日で退院できて、敦賀に自力で帰ってこられた。
 まだフワフワ感があるので、敦賀の耳鼻咽喉科で診てもらった。
 この病気は地震のようなもので、予知ができないし余震がひと月ほど続く、と言われた。
 自律神経を整える薬とめまいの薬を暫く飲み続けることになった。

 今やっと2週間が過ぎた。
 仕事は普通にできているが、疲れの溜まり方がやっぱり違う。
 早く復活したい!

 

2014.09.25

礼儀知らずの中国人アスリート

日本国歌は「耳障り」と発言、萩野のライバル孫楊に批判殺到

アジア大会  香港メディアは25日、仁川アジア大会で中国の競泳代表の孫楊選手が「日本の国歌は耳障りだ」と発言したと報じた。

中国のインターネット上では「品のない発言」などと批判が広がっている。

香港紙、香港経済日報(電子版)などによると、24日の男子400メートルリレーで2位の日本チームを押さえて優勝した中国チームの孫選手は、メディアの取材に「中国人に留飲が下がる思いをさせた。正直言って日本の国歌は耳障りだ」と話した。  

中国の短文投稿サイトでは「スポーツ選手としての素養がない」「同じことを言われたらどんな気持ちになるか」などと批判する書き込みが目立った。

中国の主要メディアは孫選手のコメントを、国歌に関わる部分には触れずに報じた。

中国外務省の報道担当者は25日の定例記者会見で「孫選手個人の行為にコメントはできない」と述べた。孫選手は日本の萩野公介選手のライバルとして知られる。(共同)

(sanspo.com より 引用)

何故、このような輩を教育した国と仲良くしなければならないのか?

パクリは当たり前の恥知らずな国家。

マナーとモラルに欠ける国家。

このような隣人は要らない。

2014.06.23

ちょと残念な土曜日2

 観劇の後、口直しにとこちらも何年も行っていなかった京都・伏見稲荷に行くことにした。目的は七味唐辛子。京都の七味は山椒が効いていて一味違う。中でも私は伏見稲荷大社の前の路地に店を構える七味屋さんの七味唐辛子が一番好きだ。

 スマホのナビで乗り換えはわかったが・・・降りる駅を間違えた。ああ、スマホ使いこなせないcrying 

 ようやく伏見稲荷さんに辿り着いたときはすでに夕方近く・・・七味は後にして参拝をと・・・

 ふと、聞こえてくる言葉が・・・中国語?台湾語? アジア人圏外国人比率めちゃめちゃ高し・・・

  参道ではスマホを撮る人・・人・・人・・・

 有名な鳥居が並ぶあの参道のど真ん中で・・・ポーズをとる若い日本女性や、外国の人。橋の欄干にまたがり手を広げるどこかの国の女性を、その弟らしい子どもが撮っている。

  パワースポットブームで観光客が増えたのか? この時期は外国の観光客が多いのか?暫く来ないうちにずいぶん様変わりしたもんだwobbly 

 はしゃぐ外国の人を横目に、作法に則って本殿に参拝し、我が家と愚弟夫婦の護摩木を奉納した。我が家三人には、『無病息災』、愚弟には『災難除け』義妹には『家内安全』と祈願してきた。

 お山を少し上った所にある熊鷹社に、蝋燭を灯そうと登ってみると・・・あれれのれ?ろうそくがないsign02 カラスがろうそくを持って行ってしまい、火事になるとのことで、もう蝋燭は灯さないと張り紙がしてある。蝋燭のない熊鷹社なんて・・・なんとかの入っていないコーヒーだけど、しかたがないかthink

 そこで下山し、七味屋さんへ。激辛とゆず七味の大袋を買い求め、京都駅まではJR奈良線で。京都から敦賀までは新快速で。ここでもまた、行き先を間違えて乗りこみそうになった・・・危ない危ないcoldsweats01

Fusimijinnjya
 今度は平日にゆっくりと参拝したいものだ。

 

2014.04.11

携帯紛失

  昨日携帯失くした。

 出勤途中だったので、てっきりJR車両で失くしたと思って、JR西日本遺失物センターに電話。

 見つかったという電話がなかったので、帰敦後敦賀警察署に届け出る。

 その夜、GPSで探してみたが不可。即、回線遮断。

 翌日、金沢の警察署遺失物係に電話して確認するも、見つからず。

 11時ごろ見つかったと連絡あり。某駅で保管されているという。

 夕方受け取りに行き、JR職員が見つけたと聴いた。担当に厚くお礼を申し上げた。

 でも、疑問点が・・・

 携帯失くしたのは朝8時半頃、何故に24時間以上も経過して連絡が来たのだろうか? 見つけた経緯を訊いたら、私が失くしてすぐに拾っている。にも拘わらず何故に・・・こんなに掛かったのだろうか?素朴な疑問。

 失くしてからすぐ、私はJR西日本遺失物センターに電話し事細かに説明し、夜には警察署に行って届け出をし、翌朝には金沢東警察署に電話して遺失物係に一から説明したのだ。

 どうして昨日のうちにわからなかったのだろう? だって私が失くしてすぐに発見しているのだから。

 まあ、戻ってきたのだし、そもそも失くした私が悪いのだということは重々承知の助。

 

 それとは別の話し・・・

 警察ってところにはあまり良いイメージはなかったのだが、(威張りくさっているようで)いやいや、結構親切丁寧だった。敦賀署のおまわりさんも金沢中署と、金沢東署の案内係のおじさま方も。

 だけど、最終的に回された金沢の遺失物係の女性の担当がちょっとね。明らかに、担当以外のことはやりたくない感じが、ありありと言葉尻に出ていた。こっちは一縷の望みをかけて探しているのに! それに寄り添おうとしない態度だった。思わず、「探すのいやなんですか?」と「言いたくなった。

 あんた何さま? 私らの税金で食わしてもらってるのわかっとらんのちゃうけ?

2014.03.23

初啼き

 昨日、鶯の初啼きを聞いた。春だ(^o^) 今まで、ここいらで聞いた中で一番うまく啼いた。谷渡りまで訊かせてくれた。

 このところ、春になると体調不良になる。今年も例外でなく、消化不良、めまいなどなど・・・。まったく、年をとるということは、自分の体がきかなくなっているということを自覚くしていく作業なのだと思う。

 原因は大体わかっている。仕事に起因することで、いかんともしがたい。ずーと付き合っていかねばならない。このひと月を乗り切ったら、楽になれる。

 さて、今春は2,3日休みが取れそうな雰囲気。体調不良などと言っていてはもったいない。行きたいところがある。『藤城清治美術館』栃木・那須だ。先日のNHKの再放送を見て、無性にあの影絵をじっくりと観たくなった。特に『風の又三郎』 でも、遠いなぁ那須。

 

 

2014.02.08

日本ダサい!

 ソチ五輪開会式。

 

4rian_02356907hrru1

 

 

 

 

 選手入場・・・

 

 なんだsign01日本はっwobbly

 なぜ、白一色sign02

As20140208000422_comml1_2


 後ろのスタッフと見間違うほどの存在感のなさdespair

 いったいぜんたい、誰のデザインsign02

 白い冬に白いコート。フツーのスタジャン。

 よその国を見よ。

 

 

 

 

 

 

 こんなのや・・・

0181

 

 

 

 

 

 

こんなの・・・

 8b048373s1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本・・・・開会式で・・・負けdown

2014.01.12

今年の初詣

 今年の初詣は、まず八幡神社に“南天御守”を受けに参拝。この御守は「難を転じて福となす」を、おめでたい植物の南天にかけて作られている珍しいもの。境内には大きな馬の像がある。今年は午年、意図したわけではないが初詣にはもってこいだった。

 その足で、安倍晴明ゆかりの晴明神社へ詣でた。この神社は小さくて敦賀の人々はあまりお参りに行かないので、普段は鍵がかかっていて神殿を拝めないが、正月などイベントのある日には開いている。

 幅一間ほどの鳥居をくぐる。あれ?締め縄がないsign02 以前参拝した時は円形の締め縄を作法に則りくぐったのだが・・・ 守番の年配女性に尋ねると、「藁の確保ができなくて締め縄を作らなかった」とのこと。(何ということだw(゚o゚)w あのまあるい締め縄をくぐりたくて来たのにぃ。)

 中に入り、お賽銭が乗っかると願い事がかなうと言いう岩に、五円玉を投げた。なんと!乗っかったではないかっ!ソフトボール部のへっぽこピッチャーも伊達ではなかった(*^_^*)

 あっ、こいつぁ春から縁起が良いわいなぁぁぁぁぁ!

2013.12.31

2013大晦日

 今年が暮れようとしている。今年は星椋鳥的には、戦争を意識した一年だった。

 中国が領空侵犯を実行し、韓国首相はエキセントリックに日本を目の敵にするなか、安倍総理は靖国参拝を決行した。何故今なのか?わからない・・・誰が考えてもタイミングが良くない。

 星椋鳥は日本人が靖国神社に参拝することには賛成である。日本国のため、家族のため、愛する人のため、進んであるいは招集されて戦場に赴いた英霊が眠るとされるその地で、頭を垂れ「今の繁栄はあなた方の苦しみや悲しみ、勇気の上に成り立っている」とお礼を述べることは、いかなる国からの干渉を受けることではない。

 しかし、国を代表する公人として参拝することは、公でも私でも今は控えるべきであった。激昂する民族を相手にしているのだから、思慮深くふるまうことが肝要だ。真正面からやりあっても良いことはない。

 彼らは我らに歩み寄ることは鳥が生きている間はないようだろう。国を挙げて日本を憎む教育をしているのだから。彼らは執念深い。

 ロシアでは自爆テロが連発していて、もう何十人も一般市民が巻き添えになっている。ソチ五輪も安全ではない。オーストラリアが選手派遣を見送ることを示唆している。

 今も世界のあちらこちらで紛争が絶えない。難民が減らない。衣食住に困ることのない生活ができることに感謝し、祈りをささげたい。 

2013.10.13

土曜日の楽しみ

 星椋鳥の土曜朝の楽しみは、7:30から『サワコの朝』を観て、9:00から『ひつじのショーン』を観ること。

 『サワコの朝』は司会もこなすタレント作家の阿川佐和子さんの冠番組(民放)で、『徹子の部屋』と趣向は同じ。毎回ゲストを呼んで阿川さんが話を聴く、というもの。ゲストが昔と今における心に響く一曲を紹介し、それにまつわる対談もある。休みの朝に放映しているので、鳥も観ることができる。7:30という時間も目覚まし代わりにちょうど良い。

 『ひつじのショーン』はNHKの教育番組なのだが、実に鳥好みの番組なのだ。イギリスのアードマンスタジオ制作のクレイアニメで、サフォーク種という顔と脚の黒いヒツジを主人公に、牧場を舞台に、魅力あふれる キャラクターが元気いっぱいのドタバタコメディを繰り広げる。

 ショーンは羊たちの群れのリーダー格で、他に牧羊犬や牧場主、ライバルの3匹のいたずらブタがレギュラーとなっている。

 このクレイアニメは実にリアルで、羊たちはそこそこ可愛いのだが、ブタは決して可愛いとは言えない。牧場主や犬にしてもだ。そして、牧場一面に『あるもの』が散らばっている。それは、フンだ。羊たちの黒々としてつややかな光沢のあるフンが、そこかしこに置かれているのだ。こういうところが、おもしろい。

 また、この『ひつじのショーン』では、動物も人間も言葉をしゃべらない。無言ではなく、英語も日本語もしゃべらないということだ。登場人物たちが発するのは、視聴者にも分からない音。そこがまた良い。

 イギリスらしいユーモアや風刺、ペーソス、ロマンがあって、こういうアニメはアメリカではできないだろうと思う。

 

2013.09.22

ほくろ

 星椋鳥の胸には生まれつき大きめのイボのようなほくろがある。最近少し大きくなってきた気がして、昨日形成外科で診てもらった。

 鳥はほくろができやすい体質のようで、若いときに左耳の軟骨の上にでっかいほくろができた。そのさい敦賀の皮膚科の紹介で、県立病院で切除手術をしてもらった。切り取ったほくろは病理検査に回したのだが、問題なかった。

 さて、昨日診てもらった先生に「気になるのでほくろを取りたい」と言ったら、「じゃ、取っちゃいましょ(*^_^*) 今日取れますけどどうします?」と簡単に言われた。耳の手術のときはわざわざ高速に乗って福井まで行って、仰々しい手術室に入り手術台に乗り、ドッキドッキで手術してもらったのに、なんとあっけらかんとおっしゃるのだろう、とびっくりしてしまった。

 どうせ取るつもりで来たのだからお願いして、準備が整うまで30分ほど待合で待っていたら、ちょうど旧知の別の医院の看護士さんに会った。内科を受診に来たとおっしゃる。いろいろ訊いてみると、最近は皮膚科でもほくろを取ってきれいに縫ってくれるということだ。なるほどねぇ。

 ほどなくして呼ばれたので、処置室に入り処置台に横たわり、麻酔を打たれてチョチョイのチョイで胸と肩のほくろは切除された。胸のほくろは直径5ミリでイボ状だったので、病理検査に出していただいた。長年じゃまだったほくろが取れてすっきりした。

 note胸にほくろのある女は~、惚れた○にだまされるnoteという、ふっるーい唄がある。noteもうだまされないわ~noteと言いたいところだが、鳥の胸にはあと二つもほくろがあるのであるdown

より以前の記事一覧